ドラムの工事は難しい

上からスタジアム

ピアノやバイオリン、ギターなどは防音工事をせずに練習している家庭もありますが、本当はしっかりと防音工事をした方が良いものです。
スタジオを作るまで行かないまでも音が漏れないようにしたいものです。
ピアノやバイオリン、ギターの場合は音が高音なので防音の工事をするのはそこまで難しいものではありません。

しかし楽器の中でもドラムは特別で、一番防音工事が難しいのです。そのため、ドラムが趣味と言う人や自宅で練習をしたいと言う人はスタジオを作るなどして本格的な防音設備が必要となります。
ドラムは低音で振動も凄いので音が周囲に伝わりやすくなってしまうので、このような本格的な設備が必要となるのです。
ですからドラムをすると言う人はしっかりとした業者にお願いして完璧な防音工事をしてもらうようにしましょう。
その他の楽器ももちろん、しないにこしたことはありませんがドラムほどは難しくはありませんから、費用も安く済みます。
ドラムの場合にはそれなりの材質のものを使う必要があるので費用も高くなってしまいます。
このような同じ楽器で防音の工事をする際やスタジオを作る際には費用が変わってきますから、業者にお願いする時には、どの楽器を使うための防音が必要なのかをしっかりと伝えて楽器にあった防音工事をするようにしましょう。

コントロールの必要性

スタジアム

プライベートスタジオの部屋の形などによっては残響時間のコントロールも必要になるケースがあります。
ドラムの場合反響時間は短め(いわゆるデッドに)設定するのが一般的です。

室内のふさわしい位置に音響調整のパネルなどを設置してコントロールしていきます。
このようにプライベートスタジオなどの防音でも、ドラムの防音工事は特に専門のノウハウが必要ですから、ドラム室の工事などを手掛けて実績のあるところに依頼する必要があります。

振動対策も忘れずに

スタジアム館内

様々な楽器がありますが、ドラムの音というのは指向性の弱い低温の音圧が特に強く、しかも減衰しにくいものなので、特に音漏れが激しい楽器となります。
バスドラムの音は直接漏れる分もありますが、建材や壁、床などを伝って、家じゅうに音が広がってしまうことにもなりますし、壁や床が共振して不快な響きが楽器の音につくなども十分に起こり得ることです。
もちろん家の外への音漏れも深刻な問題となりえます。
それでこのようなドラム独特の特性ゆえに、プライベートスタジオを作るための防音工事は難易度の高いものとなってしまいますから、楽器の中でも専門の防音工事専門に手掛けているところなどに頼む必要があります。

ピアノなどの楽器の防音工事程度では、防音工事の意味をなさないこともよくあります。一般的な防音工事では、今ある部屋の中にもう一つ部屋を作り、ドアを防音ドアに交換することが行われますが、ドラムの音となるとこれだけでは不十分です。
通常の防音工事に加えてスタジオ内の壁や床に対して、振動を伝えないようにする防振工事が不可欠となります。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031